アニメ「ましろのおと」第3話あらすじ!劇中の登場曲名も調査!三味線を演奏しているのは誰?

アニメ・マンガ

放送開始から話題沸騰のアニメ「ましろのおと」。第2話ではいよいよ雪も高校に通い始め、物語が動き出していく予感がしてきましたね♪

今回はそんな第2話から続く第3話「驟雨」のあらすじを、感想と共にご紹介します。

もちろん劇中の登場曲や演奏者についても解説しますので、最後までお付き合い下さいね!

アニメ「ましろのおと」第3話あらすじと感想

ある日、朱利は「お婆ちゃんの思い出の曲」をイヤホンで聴いていたが、授業が始まっていることに気づかず先生に携帯を没収されてしまう。その拍子にイヤホンが外れ、聴いていた音楽が流れだす。聴こえてきた音に驚く雪。それは祖父・松吾郎の即興曲「春暁」だった。

その曲を知っているならお婆ちゃんのために弾いてほしい、自分ができるなら弾きたいと願う朱利に、雪が掛けた言葉は「あの曲は誰にも弾けない」。

真っ直ぐな想いで祖母に「春暁」を聴かせたい朱利と、弾く意味が分からなければ弾けないと拒否する雪。

朱利の純粋さと、雪の葛藤が表れた第3話です。

雪、そっけない……。もうちょっと女の子に優しくしようよ?と思ったのは私だけではないと思うのですがどうでしょう。

全体的に雪って言葉が足りないんですよね。口下手なんでしょうけど、どこか突き放したような物言いに聞こえてしまう。物語が進めばもう少し柔らかくなってくるのでしょうか?

そして第3話には神木清流も登場!個人的にイケメン眼鏡は好きですよ!きよら2号とか言い出した時はちょっと引きましたが……。

あとは桜ちゃんが本当にいい子で!どうやったらあんないい子に育つのかお父様に伺いたいくらいいい子。彼女の言葉で雪も心のもやもやが晴れたような、穏やかな顔になってましたね。桜ちゃんの癒やしパワーは絶大です。

神木清流との出会いと、桜ちゃんの言葉で心境の変化を来した雪。はてさて、「春暁」は演奏できるのか!?第4話が気になりますね♪

アニメ「ましろのおと」第3話の登場曲はこの2曲

第3話に登場した曲は2曲。「神木清流オリジナル曲」「津軽じょんがら節」です。

「神木清流オリジナル曲」はその名の通り、神木清流が自身のライブで演奏していた曲ですね。暗闇で鳴り響く鐘のようだと雪が評した澄んだ音。ライブ会場の誰もが引き込まれる、神木清流の凄さがよく分かる演奏でした。

「津軽じょんがら節」はもうお馴染みですね。ライブ後、楽屋で神木清流に促されて雪が演奏したシーンで使われていました。余談ですが、清流を除く皆が雪の演奏を「上手い」と言う中、本当の実力はこんなもんじゃないと見破る唯に私は感心しました。いくら以前雪の演奏を聴いたことがあったとしても、素人の彼女が聴いてすぐ分かるって凄くないですか?彼女、伸び代あると思うな……

アニメ前半のキーとなる「春暁」はまだ演奏されませんでしたね。朱利のお婆さんの心に残る曲がどのように演奏されるのか、早く聴きたいです!

アニメ「ましろのおと」三味線を演奏しているのはこの人!

気になる第3話の作中曲、「神木清流オリジナル曲」と「津軽じょんがら節」を演奏しているのは、匹田大智さん柴田佑梨さん

匹田大智さんは第2話に引き続き演奏。柴田佑梨さんは第1話と第2話で演奏されていた柴田雅人さんの妹さんですね。

例によってどちらがどの曲を演奏しているかは名言されていませんが、時には攻撃的、時には繊細と変幻自在な演奏が持ち味の匹田大智さんが「神木清流オリジナル曲」を演奏してらっしゃるのでしょうか?

ということは「津軽じょんがら節」は柴田佑梨さん?でも女性ならではの繊細さもオリジナル曲の方にはあるような??

と、あれこれ考える楽しみがあるのもこの作品の魅力ですね♪この先のお話でもどんな方が演奏されるのか、とても楽しみです。

アニメ「ましろのおと」第3話の評判は?

物語が動き出した第3話、世間の評判を調べてみました。やっと繋がった雪と朱利の縁、皆さんの感想はどうでしょうか?

やはり皆さん三味線の音色が印象的な様子。『技術はあるけど心の籠もっていない音色』の再現については、私も本当に凄いと思いました。

他にも、今期のアニメの中で「ましろのおと」は継続視聴決定!という声もたくさん見受けられました。皆さん、どんどん「ましろのおと」に引き込まれていっているようですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか、アニメ「ましろのおと」第3話。果たしてお婆さんに「春暁」は聴かせられるのか、雪の津軽三味線との向き合い方の変化など、気になることが盛りだくさんです。

まだ未登場のキャラクターも控えているので、これからどんどん話が面白くなっていくこと間違いなしですね。

もし見逃しているなら、Amazon プライム・ビデオで視聴できますので是非視聴してみて下さい!

◆メッセージ・お問合せはこちら◆

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名(任意)

    メッセージ本文(任意)

    こちらの文字列を入力してください。 (必須)

    captcha

    素晴らしい日本の伝統文化である民謡を、もっとたくさんの方々に伝えたい。
    インターネットで情報を検索するのが当たり前となった今の時代。サイトを使って情報を発信していくことが必要不可欠となっています。
    でも、サイト作りには知識も必要。
    そもそも、パソコン作業が苦手な方もたくさんいらっしゃいます。
    そこで!!


    あなたの民謡サイト作りを格安でお手伝いさせてください!

    詳しい内容は、上のイラストをクリック! ↑↑↑

    アニメ・マンガ
    シェアする
    民謡応援ファンサイト〜つなぐ〜

    コメント